DEER

SMALL CARRY ALL

size :
H180 W230 D110 (mm)
material :
DEER SKIN(藤岡勇吉本店製フルベジタブルタンニン鞣し)

MADE IN JAPAN

言わずとしれたトートバッグの名作、CARRY ALL。永く愛されてきた普遍的なデザインをそのままギュッと小さくしました。普段の持ち物がちょうど持ち運べる大きさ。かさばらず、気兼ねせず。毎日を共に過ごしていくバッグになりますように。

> 購入はコチラ

MEDICAL POUCH TOTE BAG

size :
H260 W230 D150 (mm)
material :
DEER SKIN(藤岡勇吉本店製フルベジタブルタンニン鞣し)

MADE IN JAPAN

60年代のUS ARMY MEDICAL POUCHをモチーフにハンドルを付けました。トートバッグとしても、巾着としても。大きすぎず小さすぎず普段使いにちょうどいいサイズです。江戸時代から伝わる巾着とミリタリー。袋という道具ひとつとっても様々で、道具に思いを馳せるのは面白いです。

> 購入はコチラ

RED CROSS POUCH SHOULDER BAG

size :
H240 W250 (mm)
material :
DEER SKIN(藤岡勇吉本店製フルベジタブルタンニン鞣し)

MADE IN JAPAN

40〜50年代のAMERICAN RED CROSS POUCH(アメリカ赤十字社)をモチーフにショルダーを付けて。巾着、口折れショルダー、サコッシュと使い方は様々です。治療に使うあれこれを入れていたであろう袋はポケット代わりにいいサイズです。

> 購入はコチラ

HUNTING POUCH SHOULDER BAG

size :
H270 W205 (mm)
material :
DEER SKIN(藤岡勇吉本店製フルベジタブルタンニン鞣し)

MADE IN JAPAN

狩猟の時に地図や身の回りのものを入れていたポーチがモチーフ。ポケットを増やすように使っていたのかなと、想像するのも楽しいです。袋を2つくっつけただけとシンプルなつくりながら、見た目よりも収納できます。結び目を変えてトートとしても使っていただけます。

> 購入はコチラ

UTILITY WALLET LARGE

size :
H110 W180 (mm)
material :
DEER SKIN(藤岡勇吉本店製フルベジタブルタンニン鞣し)

MADE IN JAPAN

手に馴染んで、ずっと触りたくなる型をイメージしてポーチのような、袋のような財布ができました。 2つに分かれた収納と中央に小銭用のマチ付きファスナーポケット。カード段は4つ。お札だけでなく、通帳や携帯電話も一緒に入れられるのでクラッチバッグのような使い方もできます。あえて余白を残したつくりにしています。自分で入れる場所を決めて使っていく方が暮らしに馴染んでいくと思います。

> 購入はコチラ

UTILITY WALLET MEDIUM

size :
H85 W120 (mm)
material :
DEER SKIN(藤岡勇吉本店製フルベジタブルタンニン鞣し)

MADE IN JAPAN

手に馴染んで、ずっと触りたくなる型をイメージしてポーチのような、袋のような財布ができました。2つに分かれた収納と中央に小銭用のマチ付きファスナーポケット。カード段は2つ。お札は二つ折りにして入れます。財布として十分な容量ですが、片手に収まり、ポケットに入れてもかさばりません。あえて余白を残したつくりにしています。自分で入れる場所を決めて使っていく方が暮らしに馴染んでいくと思います。

> 購入はコチラ

DEER
昔ながらの仕事の道具、ミリタリーやスポーツのために作られたものはシンプルながらも洗練された美しさを持っています。 そういったデザインに敬意を表して、今の暮らしに落とし込むことで、永く愛してもらえるものになるのではないか。 そんなことを考えながら作るシリーズです。 永く愛してもらうためには古くから愛されている上質な素材でなければなりません。 日本で古代から親しまれてきた素材に「鹿革」があります。 飛鳥時代から続く武具の部品として、江戸時代には巾着やタバコ入れといった生活の道具として取り入れられてきた、1300年以上の歴史があります。 TOOLSでは奈良県にある藤岡勇吉本店で鞣された鹿革を使用しています。 1883年(明治17年)の創業以来、剣道や弓道などの武具で使用される鹿革で有名なタンナーです。

鹿革本来の傷などをあえて隠さず仕上げる「素上げ」という技法で仕上げられた藤岡勇吉本店の鹿革は、国内最高峰のものです。 植物タンニン鞣しの鹿革は、使うほどに革らしい独特の風合いが現れます。
鹿革ならではの適度な伸縮性、優れた耐久性。 軽くて、柔らかく、しなやかな質感、タンニン鞣しでしか味わえない美しい経年変化を楽しんでいただければと思います。
永くじっくり使って、暮らしに馴染んでいく。 そんな愛される道具になることを心から願っています。

※鹿革について
当シリーズで使用している鹿革は、ニュージーランド産アカシカの原皮を藤岡勇吉本店で鞣した革になります。 鹿革は素材の特質上、自然についたシワ、傷、スジが多い革です。天然皮革の証でもあり、タンニン鞣しの革はそれを隠さずに仕上げられています。 素上げのヌメ鹿革の風合いを一番楽しめる無染色のヌメ革(NATURALカラー)は使うごとに色艶が増していきますが、日光によっても少しずつ変色します。 素材の特性をご理解の上お使用いただけますと、鹿革は天然皮革の中では比較的扱いやすく、魅力的な素材です。

COLLECTION